TOP > 新着情報 > 第43回大会(2021年大会)の延期について

新着情報

第43回大会(2021年大会)の延期について

2020.9.25

来年2月に開催を予定していました「第43回読売犬山ハーフマラソン」は、今回の開催を見送り1年延期いたします。

主催者といたしまして前回の中止決定以後、今回の開催に向けて幾度も検討を重ねてきましたが、新型コロナウイルスの感染が未だ全国的に収束していない現状の中、多くのランナーが参加する本大会を開催することは、ランナーはもちろんのこと、協力いただくボランティアの方々や犬山市民のみなさんの安全・安心を少なからず脅かす可能性が払しょくできないと判断し、やむなく開催を見送ることといたしました。

大会を楽しみにされていたみなさまにとっても、2年連続の開催見送りは大変残念なことだと思いますが、本大会のコースを彩る国宝の犬山城や木曽川の清流もみなさんとの触れ合いがなくなり寂しい思いをしていることと思います。

新型コロナウイルスの感染が一日も早く収束し、次回こそはみなさんと再び犬山でお会いできることを期し、大会関係者一同、開催できなかった2年分の思いを込め、さらに魅力的な大会となるよう、準備を進めてまいりますので、次回の「読売犬山ハーフマラソン」にぜひご期待ください。

なお、第42回大会にエントリーをいただいた方に送付済みのナンバーカード(ゼッケン)についている「おもてなしクーポン(300円分)」は、次回大会で使用できますので、そのまま保管いただければと存じます。

 

主催=愛知陸上競技協会、読売新聞社、犬山市、中京テレビ放送

主催

  • 読売新聞
  • 犬山市
  • 愛知陸上競技協会
  • 中京テレビ放送