TOP > 大会の特徴

大会の特徴

Point1好記録が狙いやすく、国宝・犬山城を望む風光明媚なコース

内田防災公園をスタート・ゴールとするコースは日本陸連公認コース。国宝・犬山城を眺めながら木曽川沿いを走ります。高低差の少ないフラットなコースです。

Point2予想タイム順の時間差スタート

一般ハーフマラソンは、予想タイム順に「豪傑」、「猛者」、「つわもの」、「初陣」の種目に分かれています。それぞれスタート時間が異なります。

Point3会場へのアクセスは抜群

会場最寄り駅の犬山駅、犬山遊園駅へは、名鉄名古屋駅から直通で約30分。犬山駅からは徒歩約10分、犬山遊園駅からは徒歩約5分で会場に着きます。

Point4ナンバーカードおよびランナーズチップは事前発送

ナンバーカード、ランナーズチップを事前に郵送します。大会当日ゆとりをもってレースに参加できます。
(※登録の部は「ナンバーカード引換証」を事前に郵送します。大会前日と当日に会場でナンバーカード、ランナーズチップと引き換えます。)

Point5記録サービス充実「.finisher」「応援navi」を導入

動画完走証サービス「.finisher(ドットフィニッシャー)」、大会の計測データからランナーの位置情報を予測し、地図上に表示したり、応援メッセージを送ることのできる「応援navi(ナビ)」を導入します。参加者だけではなく応援の方向けの記録サービスの充実も実現します。
※いずれもハーフマラソン参加者が対象

Point6「ハーフマラソンチャレンジカップ(HMCC)」に加盟

HMCC加盟大会の参加者特典として、ハーフマラソン男子1時間20分以内、女子1時間30分以内達成者、初ハーフマラソン完走者、自己ベスト達成者には、特別WEB記録証を発行できるようになりました。
また、日本新記録、大会新記録達成者に賞金が贈呈されます。
※いずれもハーフマラソン参加者が対象 詳しくは、HMCC公式HP»をご覧ください。

Point7あたたかいおもてなし

会場内に、地元特産品やグルメを楽しめる「おもてなしコーナー」を設置します。ナンバーカードに印刷されたクーポンで利用できます。現金でも購入できます。
大会後も、観光名所の犬山を楽しめます。
犬山の観光情報はこちら»

主催

  • 読売新聞
  • 犬山市
  • 愛知陸上競技協会
  • 中京テレビ放送

協賛

  • 名古屋鉄道

協力

  • 陸上自衛隊春日井駐屯地
  • サントリー
  • ミズノ
  • 名古屋トヨペット

関連情報

  • HMCC - ハーフマラソンチャレンジカップ
  • 犬山観光情報